診察なしで薬を処方するお医者さんはいません

診察なしで薬を処方する
お医者さんはいません

あなたは体調を崩した時に、病院にいって薬をもらったことはありますか?
多くの人が、病院でお医者さんから薬を処方してもらったことがあると思います。

その際に、必ず診察や検査を受けて風邪なのか、インフルエンザなのか判断されてから適切な処置や薬を処方されると思います。

トレーニングも同じで、あなたの体のことがわからないのに闇雲にトレーニングを提案することは出来ません。

なぜなら当施設では、【評価=診察や検査】【トレーニング=薬】と同じだと考えているからです。

日本人の8割の人が姿勢不良を抱えていると言われています。また、その度合いも人それぞれです。

体の評価を行わず、あなたの事を考慮されていないトレーニングプログラムでは、体を痛める可能性が高くなってしまうのです。

健康のために始めたトレーニングで体を痛めてしまっては本末転倒になってしまいます。

アセスメント(体の評価)の特徴

アセスメントの特徴

1|姿勢の確認

姿勢は全ての動作の基本となります。姿勢不良の代表例である「猫背」になると、肩こりの原因となってしまいます。肩こりになると、首や肩周りの筋肉の緊張が強くなり血液の循環が悪くなってしまい、脳に新鮮な酸素が行き渡らないので考える力が落ちてしまい、仕事の効率が落ちてしまう可能性があります。表情も悪くなり老けた印象をもたれてしまいます。

1|姿勢の確認

姿勢は全ての動作の基本となります。姿勢不良の代表例である「猫背」になると、肩こりの原因となってしまいます。肩こりになると、首や肩周りの筋肉の緊張が強くなり血液の循環が悪くなってしまい、脳に新鮮な酸素が行き渡らないので考える力が落ちてしまい、仕事の効率が落ちてしまう可能性があります。表情も悪くなり老けた印象をもたれてしまいます。

2|動きの評価

姿勢のつぎは動きの評価を行って行きます。7種目のテストを行い、関節の固さ、動きの悪い筋肉を特製していきます。
関節や筋肉が固く、動きが悪くなったまま日常生活を送ると一部分の筋肉や関節に負担が大きくなってしまい痛みの原因となってしまいます。

2|動きの確認

姿勢のつぎは動きの評価を行って行きます。7種目のテストを行い、関節の固さ、動きの悪い筋肉を特製していきます。
関節や筋肉が固く、動きが悪くなったまま日常生活を送ると一部分の筋肉や関節に負担が大きくなってしまい痛みの原因となってしまいます。