夏は痩せやすい?という質問に回答します!

千葉駅から徒歩1分
筋トレ+食事+美容鍼灸で頭の先から全身を若返らせるパーソナルトレーニングジム WiLLの佐藤喜一です。

 

この季節になると、毎年のように聞かれる質問があります!

 

「冬より夏の方が暑くて汗もかくから痩せやすいですよね?」

 

これは「間違えではないですが、正解でもないです」

 

どっちなのはっきりしてと言われてそうですが、是非ブログを読み進めてください!

 

ただ「汗をかいているから痩せている」という風に認識されているのであれば、認識としては間違っています!

 

なぜなら、人間の60%は水分であり、汗をかいて痩せているのは脂肪が燃焼されているわけではありません。

 

一時的な脱水症状になっているだけです!水を飲んだらすぐに元に戻ります!

 

 

今回のブログでは、「夏は痩せやすい?」という問いに答えたいと思います!

 

 

必ずしも「汗をかく=脂肪燃焼ではありません」

夏になり気温が高くなると、何をしなくても汗をかきます!

 

有酸素運動など運動をしていても同じように汗をかきますが、これは似て非なることです!

 

 

前者は気温の上昇で体温も高くなり、それを下げようと汗をかいています。

 

 

後者は運動を行い脂肪を燃焼させて体温が高くなって汗をかいているという違いがあります。

※常に人間は糖質と脂肪を燃焼させていますが、わかりやすいように極端に表現しています

 

汗をかいているからといって必ずしも脂肪燃焼されているというわけではありません。

 

サウナやエステが良い例ですよね?

 

もし暑くて体重が減っていると思って喜んでいるようであれば、先ほどもお伝えしたように、脱水によって一時的に体重が減っているだけなのです!

 

 

夏に痩せやすい本当の理由

夏に痩せやすくなる理由は活動の代謝が上がるからです!

 

人間の一日の消費カロリーは基礎代謝活動代謝食事誘発性熱産生の3つで決まります!

 

 

基礎代謝は朝起きてから1日中、横になって呼吸とまばたきだけで生活して消費するエネルギーのことを言います!

 

 

活動代謝は歩いたり、考えたり、家事をしたりして消費するエネルギーを言います!トレーニングもここに分類されます!

 

 

食事誘発性熱産生は食事をして消費するエネルギーを言います!

 

 

夏になると気温が高い分、少し動いただけで活動代謝が高くなりやすいのは間違いありません!

 

 

したがって、エネルギーが消費しやすくなるので、痩せやすいというのは間違えではありません!

 

 

暑くて痩せやすくても、痩せるための原理原則は変わりません!

痩せるための原理原則は食事のコントロール運動です!

 

 

最近では、「食事8割・運動2割」と言っている方もいらっしゃいます!

 

やっぱりそれぐらい痩せる為には食事が大切ということです!

 

いくら暑くて痩せやすいからと言って、食事を疎かにしては痩せることは出来ません!

 

暑くて、エネルギー消費しやすいという恩恵を活かしながら、食事をしっかりコントロールをして併せて筋トレ(運動)を取り入れることが大切です!

 

 

まとめ

暑くてエネルギー消費しやすいので、痩せやすい環境であることは間違いありません。

 

だからと言って、痩せるための原理原則「食事8割・運動2割」を疎かにしてしまうと、その恩恵を活かして痩せることは出来ません!

 

暑くても寒くても、痩せようと思った日がスタートする日です!

 

そこは忘れないでください!

今回の内容について詳しく聞きたいという方は、体験パーソナルトレーニングにお申し込みください!
今回のお話を踏まえて、より詳しくお話させていただきます!

体験パーソナルトレーニングのお申込みは下記のボタンから受付けております。
↓↓↓

 

パーソナルトレーニングジムWiLLの詳細を知りたい方は下記のボタンをクリックして下さい!
↓↓↓